ハコヅメのドラマ化・キャスト・戸田恵梨香が話題

ハコヅメ 話題



ハコヅメとは

『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』(ハコヅメ こうばんじょしのぎゃくしゅう)は、泰三子による日本の漫画作品。『モーニング』(講談社)にて、2017年52号より連載中。講談社のウェブコミック配信サイト「コミックDAYS」でも配信される。2020年11月時点でシリーズ累計発行部数は100万部を突破している。架空の町にある岡島県警町山警察署の交番(=ハコ)に勤務する女性警察官の内情を描いた警察日常マンガ。

モーニング2021年9号から18号(全10話)に、本編の連載を中断して『ハコヅメ別章 アンボックス』を連載した。これまでの日常コメディではなく、町山警察署管内で起きた「町山市における殺人・死体遺棄事件」を巡る物語を黒田カナの視点から描いている。

作者の泰三子は女性警察官として10年間の勤務経験があり、1ページ漫画「交番女子」を数度掲載の後、本作で連載漫画家としてデビューした。

フリースタイルによる「THE BEST MANGA 2019 このマンガを読め!」18位。フジテレビONEの漫画専門番組『漫道コバヤシ』による漫道コバヤシ漫画大賞では、2018年度「もうドラマ化決まってるで賞」、2019年度のグランプリをそれぞれ受賞した。2021年1月、小学館による第66回小学館漫画賞において「一般向け部門」を受賞した。同年、第45回講談社漫画賞総合部門にノミネートされた。

警察官の昇任試験対策を扱う立花書房の月刊誌『警察公論』にて、2020年1月号から『ハコヅメ 〜交番女子の逆襲〜 出向編』の出張連載が行われている。
wikipedia抜粋

「ハコヅメドラマ化」「ハコヅメキャスト」「ハコヅメ戸田恵梨香」という言葉が話題です。

ハコヅメの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました