大粒の雨のきた・強風・雷鳴が話題

大粒の雨 話題



大粒の雨とは

雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴が雲を形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるもの。ただし、成長の過程で一旦凍結し氷晶を経て再び融解するものもある。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与する他、農業や水力発電などを通して人類の生活にも関与している。
wikipedia抜粋

「大粒の雨きた」「大粒の雨強風」「大粒の雨雷鳴」という言葉が話題です。

大粒の雨の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました