看護師500人確保要請のオリンピック・医療従事者・五輪が話題

看護師500人確保要請 話題



看護師500人確保要請とは

日本における看護師(かんごし、英: nurse)は、保健師助産師看護師法に基づく国家資格である。医療、保健、福祉などの場において、医師などが患者を診療するさいの補助または、病気や障害を持つ人々の療養上のお世話をすることを業とする資格である。疾病の予防や健康の維持増進を目的とした患者教育を行う[要出典医療従事者である。

以前は女性を看護婦(かんごふ)、男性を看護士(かんごし)として区別していたが、2001年に「保健婦助産婦看護婦法」が「保健師助産師看護師法」に改定されたことにより、2002年(平成14年)3月1日から、男女ともに「看護師」という名称に統一された。詳細は#雇用機会均等化を参照。

免許区分としては看護師および准看護師が存在する。業務独占で名称独占である。より専門的な能力を有し、所定の審査を受けた看護師については、専門看護師、認定看護師として資格認定される。

なお隣接資格として、同法を根拠とする保健師、助産師が存在する。日本の看護師は、救急救命士の業務範囲も包括している。
wikipedia抜粋

「看護師500人確保要請オリンピック」「看護師500人確保要請医療従事者」「看護師500人確保要請五輪」という言葉が話題です。

看護師500人確保要請の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました