ゴジラvsコングのコング延期・公開延期・日本が話題

ゴジラvsコング 話題



ゴジラvsコングとは

『ゴジラvsコング』(原題:Godzilla vs. Kong)は、アダム・ウィンガードが監督を務めた2021年のアメリカ合衆国の怪獣映画。ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが共同で手掛ける「モンスターバース」の第4作目で、ゴジラとキングコングの対決を描く。PG-13指定。2019年公開の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と2017年公開の『キングコング: 髑髏島の巨神』の続編であると共に、「ゴジラ」フランチャイズの36作目、「キングコング」フランチャイズの12作目、そしてハリウッドスタジオで製作された4作目のゴジラ映画でもある。

主な撮影はハワイ、オーストラリア、香港で行なわれ、アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホールらが出演している。

COVID-19パンデミックの影響で2020年11月の公開予定から延期されており、2021年3月24日にヨーロッパと台湾で初公開され、3月31日にアメリカで劇場とHBO Maxでの公開を経て、日本では未定。ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが共同製作し、日本では東宝、日本を除く世界ではワーナーが配給する。
wikipedia抜粋

「ゴジラvsコングコング延期」「ゴジラvsコング公開延期」「ゴジラvsコング日本」という言葉が話題です。

ゴジラvsコングの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました