スーパーカブのアニメ・4話・マジでが話題

スーパーカブ 話題



スーパーカブとは

カブ (Cub) やスーパーカブ(Super Cub)は、本田技研工業が1950年代から製造販売しているオートバイの、商標である。

本記事では、主に(そちらの歴史がすでに圧倒的に長くなった)スーパーカブのことを解説する。ただしスーパーカブについて解説するために、まずその前史にあたる、後付けモーターキットのカブについても解説する。

「カブ CUB」はもともとは1952年(昭和27年)から1958年(昭和33年)まで生産された、自転車に後付けでとりつけるための、補助エンジンキットの通称や商標だった。cubは英語で熊など猛獣の子供を意味しており、小排気量ながらパワフルなことをアピールした。その後ホンダは、1958年から、今度はキットではなくそのままで走れるオートバイのC100型を開発しその商標を「スーパーカブ Super Cub」とし製造販売を開始した。そして人々の間でスーパーカブを「カブ」と短く略称で呼ぶことも一般化した。

スーパーカブの特徴は、経済性(燃費性能)・耐久性に優れた空冷4ストロークSOHC単気筒エンジン、クラッチ操作がいらない自動遠心クラッチシステム(人がクラッチを操作をする必要がなく、左手クラッチレバーも不要なシステム)、乗り降りが容易な低床バックボーンフレーム(「U字型フレーム」とも)、足元への泥はねや走行風を軽減させる大型の樹脂製レッグシールド、である。また、左足で操作する変速ペダルが、シーソー式であること(シフトアップ時は左足ペダルのつま先側を踏み、シフトダウン時はかかと側を踏む、という方式)もスーパーカブの特徴である。

スーパーカブ・シリーズは20世紀のモータリゼーションに大きな貢献、四輪車のT型フォードやフォルクスワーゲン・タイプ1にも比肩しうる貢献を果たしたオートバイであり、小排気量オートバイ分野ではイタリアのピアッジオ社が製造するスクーターのベスパ(1946年-)と並ぶ世界的ロングセラーである。

本田技研工業の調べでは、スーパーカブの累計生産台数は2017年10月時点で1億台に達し、乗り物の1シリーズとして世界最多の生産台数および販売台数を記録した。さらに同年5月には車名やエンブレム類を表記しない状態での車体形状が、乗り物としては日本で初めて立体商標[注 として登録された。

発売開始後50年以上を経てもその独自のスタイルを受け継ぎつつ、2007年には電子制御燃料噴射システム(PGI)を搭載したり、2017年ころからは灯火類(ヘッドライトなど)をLED化するなど、時代の要請に応える改良も続けられている。もともと よく売れているオートバイであるが、各国の文化や多様化するニーズに合わせつつグローバル規模で販売が展開された結果、2017年時点で延べ160ヵ国以上で販売され、グラフを見ても判るように、ここ数十年、世界的に生産販売台数が右肩上がりに増えてきている。

スーパーカブの生産を行っている場所・国については、初代「スーパーカブC100」の量産は1958年8月に埼玉県和光にある大和工場(旧埼玉製作所和光工場)にて開始したが、その後「需要のあるところで生産する」という企業理念で、1961年に台湾でノックダウン生産を開始し、2017年時点では世界15ヵ国16拠点で生産。日本向けは(一時期 中国で生産されたこともあったが)2017年からは日本国内の熊本県菊池郡大津町にある本田技研工業熊本製作所で、現行モデルすべて、生産されている。
wikipedia抜粋

「スーパーカブアニメ」「スーパーカブ4話」「スーパーカブマジで」という言葉が話題です。

スーパーカブの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました