川霧の橋のれいこさん・博多座・月組が話題

川霧の橋 話題



川霧の橋とは

『川霧の橋』(かわぎりのはし)は、宝塚歌劇団で演じられた舞台作品。

原作は、山本周五郎の作品『柳橋物語』と『ひとでなし』。脚本・演出は柴田侑宏。

形式名は「江戸切絵」。15場。

運命に弄ばれながらも、懸命に生きる若者たちの姿を描く。

月組が1990年8月9日から9月18日(新人公演:8月24日)に宝塚大劇場で、同年12月2日から12月26日(新人公演:12月11日)に東京宝塚劇場で上演した。併演はミュージカル・レビュー『ル・ポアゾン 愛の媚薬』。

月組トップコンビ、剣幸・こだま愛の宝塚さよなら公演。
wikipedia抜粋

「川霧の橋れいこさん」「川霧の橋博多座」「川霧の橋月組」という言葉が話題です。

川霧の橋の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました