橋田壽賀子の死去・脚本家・95歳が話題

橋田壽賀子 話題



橋田壽賀子とは

{{日本の脚本家
|名前=橋田 壽賀子
|画像ファイル=Sugako Iwasaki cropped 1 Sugako Iwasaki 201511.jpg
|画像サイズ=250px
|画像コメント=2015年11月、文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
|本名=
|別名=
|誕生日= (1925-05-10}) 1925年[[5月10}(構文エラー: 認識できない区切り文字「}」です。歳)
橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年(大正14年)5月10日 – 2021年(令和3年)4月4日)は、日本の脚本家、劇作家、タレントである。大日本帝国・朝鮮生まれ、大阪府育ち。本名、岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)。旧姓、橋田。

1949年(昭和24年)、松竹に入社し、脚本部に配属される。1964年(昭和39年)『袋を渡せば』でテレビドラマの脚本家デビュー。同年、東芝日曜劇場のために執筆した『愛と死をみつめて』の脚本が話題となって以後、テレビドラマの脚本家として話題作・ヒット作の数々を世に送り出した。

代表作は『おんな太閤記』『いのち』『橋田壽賀子ドラマ おんなは一生懸命』『春日局』『なるようになるさ。』シリーズなど。
wikipedia抜粋

「橋田壽賀子死去」「橋田壽賀子脚本家」「橋田壽賀子95歳」という言葉が話題です。

橋田壽賀子の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました