ワクチン予約のコロナ・八王子市・高齢者が話題

ワクチン予約 話題



ワクチン予約とは

COVID‑19ワクチン(コビッド19ワクチン、英: COVID-19 vaccine)は、新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)の原因ウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する獲得免疫を提供することを目的としたワクチンである。COVID-19の大流行に先立ち、重症急性呼吸器症候群 (SARS)や中東呼吸器症候群 (MERS) などの病気を引き起こすコロナウイルスの構造と機能に関する知識が確立されていた為、2020年初頭にさまざまなワクチン技術の開発を加速できた。2020年1月10日、SARS-CoV-2の遺伝子配列データがGISAIDを通じて共有され、同年3月19日までに、世界の製薬業界がCOVID-19への取り組みを大々的に発表した。

2021年3月時点で、308のワクチン候補がさまざまな段階で開発されており、73件が臨床研究中で、そのうち24が第I相試験、33が第I/II相試験、16が第III相試験となっている。第III相臨床試験では、いくつかのCOVID-19ワクチンが、症候性COVID-19感染症の予防に95%という高い有効性を示している。2021年3月現在、12種のワクチンが少なくとも1つの国の規制当局から一般公衆用として認可を受けている。2種類のRNAワクチン(ファイザー-バイオンテック社製ワクチン、モデルナ社製ワクチン)、4種類の従来型不活化ワクチン(BBIBP-CorV、Covaxin、CoronaVac、CoviVac(英語版))、4種類のウイルスベクターワクチン(スプートニクV、オックスフォード-アストラゼネカ社製ワクチン、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)製ワクチン、ジョンソン・エンド・ジョンソン社製ワクチン)、2種類のペプチドワクチン(EpiVacCorona、RBD-Dimer(英語版))である。

多くの国では、高齢者などの合併症のリスクが最も高い人や、医療従事者などの曝露や感染のリスクが高い人を優先して段階的に配布する計画が実施されている。2021年3月13日現在、各国の保健機関からの公式報告に基づき、全世界で3億5,516万回のCOVID-19ワクチンが投与された。アストラゼネカ-オックスフォードは2021年に30億回、ファイザー-バイオンテック社13億回、スプートニクV、シノファーム、シノバック、ジョンソン・エンド・ジョンソン社はそれぞれ10億回の生産を見込んでいる。モデルナは2021年に6億回、Convidiceaは5億回の投与を目標としている。2020年12月までに100億回以上のワクチンが各国から予約注文されており、世界人口の14%を占める高所得国がその約半数を購入している。
wikipedia抜粋

「ワクチン予約コロナ」「ワクチン予約八王子市」「ワクチン予約高齢者」という言葉が話題です。

ワクチン予約の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました