ましろのおとのアニメ化・三味線・楽しみが話題

ましろのおと 話題



ましろのおととは

『ましろのおと』は、羅川真里茂による津軽三味線を題材にした日本の漫画。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2010年1月号に読み切りが掲載された後、同年5月号より連載化された。作者にとって初となる少年誌での連載作品であり、また白泉社以外での連載も初である。タイトルには「ましろの音」と「ましろノート」(ノートは音符などの意)の2つの意味がある。

2012年に第36回講談社漫画賞少年部門を受賞し、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門にて優秀賞を受賞した。2020年4月時点で電子版を含めた累計発行部数は400万部を突破している[講 。
wikipedia抜粋

「ましろのおとアニメ化」「ましろのおと三味線」「ましろのおと楽しみ」という言葉が話題です。

ましろのおとの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました