装備義務化のカメラ・対象・新車が話題

装備義務化 話題



装備義務化とは

衝突被害軽減ブレーキ(しょうとつひがいけいげんブレーキ)とは、自動車が障害物を感知して衝突に備える機能の総称である。自動車に搭載したレーダーやカメラからの情報をコンピュータが解析し、運転者への警告やブレーキの補助操作などを行うシステムである。なお、本項では日本国内向けに販売されている自動車に搭載されている衝突被害軽減ブレーキについて述べる。

このシステムを各種メディアなどで「自動ブレーキ」と称する場合が多々あるが、厳密な意味での自動ブレーキ(自動運転の中にある速度調整を目的とする速度制御システムの一部)とはシステムが異なるので誤用には注意を要する(「#自動停止」の節も参照)。
wikipedia抜粋

「装備義務化カメラ」「装備義務化対象」「装備義務化新車」という言葉が話題です。

装備義務化の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました