世界自閉症啓発デーの五百円札発行・国際子どもの本の日・記念日が話題

世界自閉症啓発デー 話題



世界自閉症啓発デーとは

世界自閉症啓発デー(せかいじへいしょうけいはつデー、英:World Autism Awareness Day)とは、国際連合が毎年4月2日に定めた、自閉症の啓発を目的とした記念日である。世界自閉症啓発デーはカタールの下院議員によって提案され、全ての加盟国の支持を得て国際連合総会第76回本会議において2007年12月18日に採択された(国際連合総会決議番号62/139)。

世界自閉症啓発デーである4月2日には世界各国で様々なイベントが行われており、2010年には、世界自閉症啓発デーを提唱したカタールがイスラエルと共同で世界自閉症啓発デーのメインイベントを開催した。また同年には自閉症支援団体Autism Speaksにより世界各地のランドマークを青くライトアップするイベント「ライト・イット・アップ・ブルー(英語版)」が開始された。

https://世界自閉症啓発デー.com
wikipedia抜粋

「世界自閉症啓発デー五百円札発行」「世界自閉症啓発デー国際子どもの本の日」「世界自閉症啓発デー記念日」という言葉が話題です。

世界自閉症啓発デーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました