米アルケゴスの規模・100億円・野村が話題

米アルケゴス 話題



米アルケゴスとは

アルケゴス・キャピタル・マネジメント(英語: Archegos Capital Management)は、米ヘッジファンド、タイガー・アジア・パートナーズの元運用者であるビル・フアンが運用するファミリーオフィス(英語版)である。 2021年3月26日、アルケゴスはクレディ・スイスや野村ホールディングスなどのグローバル投資銀行からの証拠金請求について債務不履行に陥った。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの行った前代未聞ともいわれる規模のブロック取引[注釈 も、アルケゴスの破綻を受けてのものであり、他に先んじてポジションの巻き戻しを行うことで損失を抑えることができたとされる。
wikipedia抜粋

「米アルケゴス規模」「米アルケゴス100億円」「米アルケゴス野村」という言葉が話題です。

米アルケゴスの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました