ウリエルの天井・水着・サリエルが話題

ウリエル 話題



ウリエルとは

ウリエル(ヘブライ語: אוּרִיאֵל‎ 、ティベリア式ヘブライ語: Ûrîʾēl(ウーリーエール)、ギリシア語: Ουριήλ、コプト語:ⲟⲩⲣⲓⲏⲗ)は、正典には含まれておらず、カトリック教会では認可されていないがユダヤの神秘主義的文学において重要な天使。旧約聖書外典『エチオピア語エノク書』『第四エズラ書』、新約聖書外典『ペトロの黙示録』で、その名が言及されている。ミカエル、ガブリエル、ラファエルと共に「神の御前に立つ四人の天使」の一人。ウリエルという名前は、「神の光」「神の炎」を意味する。また、ウリエルの名は預言者ウリアに由来するといわれている。大天使、熾天使、智天使とされることがある。

サリエルと同一の天使とする説もある。

芸術作品においてウリエルは、作家と教師にインスピレーションを与え、裁きと預言の解説者という役割を示す本と巻物を持つ姿、または開いた手の中に炎を灯した姿で描かれる。
wikipedia抜粋

「ウリエル天井」「ウリエル水着」「ウリエルサリエル」という言葉が話題です。

ウリエルの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました