サイレンススズカのリセマラ・ウマ娘・トウカイテイオーが話題

サイレンススズカ 話題



サイレンススズカとは

サイレンススズカ(英: Silence Suzuka、香港表記:無聲鈴鹿、1994年5月1日 – 1998年11月1日)は日本の競走馬。

1997年に中央競馬(JRA)でデビュー。デビュー戦となった新馬戦から素質の片鱗を表したが、2戦目の弥生賞で大敗を喫して以降は不安定な走りを続けた。しかし、この年の最終戦となった香港国際カップにおいて武豊と初コンビを組むと、大逃げを打つ戦法に活路を見出す。翌1998年に本格化し、初戦のバレンタインステークスから毎日王冠までGIの宝塚記念と重賞5勝を含む6連勝を果たしたが、最大目標であった天皇賞(秋)においてレース中に左手根骨粉砕骨折を発症、予後不良と診断され安楽死となった。主戦騎手は上村洋行→河内洋→武豊。宝塚記念のみ南井克巳が騎乗している。

(以下、馬齢は現役当時の数え年表記とする。)
wikipedia抜粋

「サイレンススズカリセマラ」「サイレンススズカウマ娘」「サイレンススズカトウカイテイオー」という言葉が話題です。

サイレンススズカの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました