日経平均3万円の円突破・バブル・ニュースが話題

日経平均3万円 話題



日経平均3万円とは

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英語: Nikkei stock average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。

英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される。日経グループ以外のメディアでは「日経」という固有名詞を避けて「東証平均株価」と呼んでいたため、日本経済新聞社は「日経平均株価」の名称を使用するよう求めている。

東京証券取引所が第二次世界大戦敗戦後再開した1949年5月16日時点での採用銘柄の単純平均株価176円21銭からスタートしたダウ式平均株価[注 であったが、2005年6月に算出方法が大きく変わり、現在はダウ式ではない。

現在、東京証券取引所第一部に上場する約2,000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。銘柄を選定、5秒毎(2017年以降)に算出し公表する。

日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われていた。

日本経済新聞社の登録商標である(登録番号第2569182号)。
wikipedia抜粋

「日経平均3万円円突破」「日経平均3万円バブル」「日経平均3万円ニュース」という言葉が話題です。

日経平均3万円の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました