川淵三郎氏の会長起用案の白紙・働きかけ・政府が話題

川淵三郎氏の会長起用案 話題



川淵三郎氏の会長起用案とは

川淵 三郎(かわぶち さぶろう、1936年12月3日 – )は、日本の元サッカー選手、元日本代表監督。2020年東京オリンピック選手村村長。

Jリーグ初代チェアマンを経て、第10代日本サッカー協会(JFA)会長を務めた。早稲田大学第二商学部商学科卒業。日本サッカー殿堂入り。2009年、秋の叙勲で旭日重光章を受章した。

JFA会長は、それまで無給だったが、川淵の代から有給となった(推定3000万円)。会長退任後は日本サッカー協会の名誉職を歴任しており、名誉会長を経て、2012年6月より最高顧問、2020年6月15日時点では相談役である。日本トップリーグ連携機構代表理事会長。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会評議員会議長。日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー。元公立大学法人首都大学東京理事長。実業界では、古河グループの古河産業の取締役を務めた。公式な愛称は「キャプテン」、渾名は「サブ」。家族は妻と2女の4人家族。
wikipedia抜粋

「川淵三郎氏の会長起用案白紙」「川淵三郎氏の会長起用案働きかけ」「川淵三郎氏の会長起用案政府」という言葉が話題です。

川淵三郎氏の会長起用案の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました