日本医師会会長の医療崩壊・ワクチン・新規が話題

日本医師会会長 話題



日本医師会会長とは

日本医師会(にほんいしかい、英: Japan Medical Association、英略称: JMA)は、日本の医師資格を持つ医師のみを会員資格要件とする職能団体。任意加入の非強制加入団体の公益社団法人であるため、組織率は2019年12月1日時点で172,763人という日本国医師資格者らの約5割強に留まっている。1947年の発足時に約5万人であった日医会員は2011年8月1日時点で16万5579人いた。2012年3月時点で勤務医も会員の47.2%いるものの、執行部は開業医が全て占めていて、勤務医の代議員は357人中38人という10.6%であるように開業医主導の組織である。

日本医師会の下部組織である47の都道府県医師会、更に全国約890の郡市区医師会は、いずれも独立した公益法人である。世界医師会に加盟し、本部は東京都文京区本駒込2-28-16に位置する日本医師会館。略称日医(にちい)。

本会・日本歯科医師会・日本薬剤師会を合わせて「三師会」と称する。
wikipedia抜粋

「日本医師会会長医療崩壊」「日本医師会会長ワクチン」「日本医師会会長新規」という言葉が話題です。

日本医師会会長の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました