ジョシュ・グローバンの歌声・ノッティングヒルの恋人・大好きが話題

ジョシュ・グローバン 話題



ジョシュ・グローバンとは

ジョシュ・グローバン(Josh Groban 本名Joshua Winslow Groban 1981年2月27日 – )は、アメリカ合衆国の歌手。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。

2001年11月、アルバム『Josh Groban』をリリースしデビュー。このアルバムに収録されているシャルロット・チャーチとのデュエット曲『The Prayer』を ソルトレイクシティオリンピック閉会式で聖火台の炎が消えるときに歌唱した。2005年のワールドシリーズ開幕戦でもアメリカ国歌を歌唱している。

わずか17才で、人気プロデューサーデイビッド・フォスターの秘蔵っ子である彼が、セリーヌ・ディオンのグラミー賞授賞式
リハーサルにてイタリア人オペラ歌手のアンドレア・ボチェッリの代役を前日に指名され、見事に務めあげた。
後日談で、この時の様子を面白おかしくセリーヌは語っている。
17才のしかもカーリーヘアのキッドが、あのアンドレア・ボチェッリの代役をするなんて半信半疑だったわ。
でも見事に務めてくれたのよ。
ジョッシュのほうもセリーヌの相手とあって緊張していたし、スタッフにも「どこに代役がいるんだ?」とずっと目の前に居たにも関わらずそう言われてしまい、「あの~、30分前からここにいますが・・・」と、双方の面白エピソードになっているようだ。

俳優としては、アメリカの人気ドラマであった『アリー my Love』に2度、歌の上手い青年・マルコム役で出演した。

2003年から女優のジャニュアリー・ジョーンズと交際していたが、2006年に破局している。
wikipedia抜粋

「ジョシュ・グローバン歌声」「ジョシュ・グローバンノッティングヒルの恋人」「ジョシュ・グローバン大好き」という言葉が話題です。

ジョシュ・グローバンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました