魔女の宅急便の魔女宅交換・枚数・譲りが話題

魔女の宅急便 話題



魔女の宅急便とは

『魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん)とは角野栄子による児童書(児童文学)である。宮崎駿監督によって1989年に同名でアニメ映画化された。また2014年、清水崇監督により実写映画化された(主演・小芝風花、詳細節参照)。

シリーズ1作目『魔女の宅急便』は、主人公のキキが親元を離れ、知らない町で魔女として一人立ちする姿を描く。オリジナルは1982年から1983年にかけて『母の友』に連載された。その後シリーズ化されており、福音館書店から刊行されている。表紙画、挿画は第1巻が林明子、第2巻が広野多可子、第3 – 6巻は佐竹美保がそれぞれ手がけた。英語、イタリア語、中国語、スウェーデン語版も出版されている。2009年10月、最終巻『魔女の宅急便その6 それぞれの旅立ち』が刊行され、24年に亘って描かれた同シリーズは完結した。その後『魔女の宅急便特別編』として2冊が刊行されている。
wikipedia抜粋

「魔女の宅急便魔女宅交換」「魔女の宅急便枚数」「魔女の宅急便譲り」という言葉が話題です。

魔女の宅急便の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました