Stadiaのクラウドゲーム・スタジオ閉鎖・覇権が話題

Stadia 話題



Stadiaとは

Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している。

HDRビデオ(英語版)に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのUSP(英語版)とされている。HIDクラス(英語版)USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation Now、マイクロソフトのProject xCloudがある。
wikipedia抜粋

「Stadiaクラウドゲーム」「Stadiaスタジオ閉鎖」「Stadia覇権」という言葉が話題です。

Stadiaの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました