年収300万の20年・ソースコード流出・プログラマーが話題

年収300万 話題



年収300万とは

年収300万円時代(ねんしゅう300まんえんじだい)とは、日本経済において用いられる言葉。これは日本での労働者の収入、賃金が下がり続け、多くの日本国民の年収が300万円程度になるという時代のこと。国税庁の調査によると、1990年代後半より日本国民の平均年収は年々下がり続け、戻ることなく現在(2011年)に至っている。

森永卓郎によれば、これは小泉純一郎が始めた構造改革の結果、日本国内で生じている階級社会の結果であるとのことであり、多くの日本国民が収入が下がり生活が厳しくなっているのに対し、少数の日本国民の収入は従来よりも遥かに上昇しているとのこと。また、アメリカ合衆国の国内事情は早い段階からこのような状況になっており、日本もアメリカに続いてこのような状況になっているとのこと。

2014年現在、年収200万円以下の勤労者は1000万人を超えており、彼らの多くは住居費等が負担できず、親元を離れられない状況である。そういった人たちの中には、年収50万円未満も少なくない。

完全週休2日制のフルタイム労働の場合、1年の労働時間は2080時間、2088時間、2096時間の3パターンである。
wikipedia抜粋

「年収300万20年」「年収300万ソースコード流出」「年収300万プログラマー」という言葉が話題です。

年収300万の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました