中国・ベトナム・インドネシアのベトナム・日本・ビジネスが話題

中国・ベトナム・インドネシア 話題



中国・ベトナム・インドネシアとは

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、インドネシア語: Republik Indonesia)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ首都特別州。

5,110kmと東西に非常に長く連なる、世界最多の島嶼を抱える島国である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される。国の公用語はインドネシア語である。人口は2億6,400万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られている。

島嶼国家であるため、その広大な領域に対して陸上の国境線で面しているのは、ティモール島における東ティモール、カリマンタン島(ボルネオ島)におけるマレーシア、ニューギニア島におけるパプアニューギニアの3国だけである。

海を隔てて近接している国家は、パラオ、インド(アンダマン・ニコバル諸島)、フィリピン、シンガポール、オーストラリアなど。南シナ海南部にあるインドネシア領ナトゥナ諸島はインドシナ半島や領有権主張が競合するスプラトリー諸島と向かい合う。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の盟主とされ、ASEAN本部が首都ジャカルタにある。そのため、2009年以降、アメリカ、中国など50か国あまりのASEAN大使がジャカルタに常駐しており、日本も2011年5月26日にジャカルタにASEAN日本政府代表部を開設し、大使を常駐させている。東南アジアから唯一、G20に参加している。
wikipedia抜粋

「中国・ベトナム・インドネシアベトナム」「中国・ベトナム・インドネシア日本」「中国・ベトナム・インドネシアビジネス」という言葉が話題です。

中国・ベトナム・インドネシアの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました