菅原道真の歴史秘話ヒストリア・自分・天神様が話題

菅原道真 話題



菅原道真とは

菅原 道真(すがわら の みちざね、承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位・太政大臣。

忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて、寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで上り詰めた。しかし謀反を計画したとして(昌泰の変)、大宰府へ大宰員外帥として左遷され現地で没した。死後怨霊と化したと考えられ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

小倉百人一首では、菅家。
wikipedia抜粋

「菅原道真歴史秘話ヒストリア」「菅原道真自分」「菅原道真天神様」という言葉が話題です。

菅原道真の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました