Freak outのソロ・アングル・特典映像が話題

Freakout 話題



Freak outとは

『フリーク・アウト!』 (Freak Out!) は、フランク・ザッパをリーダーとするマザーズ・オブ・インヴェンションのデビュー・アルバムである。1966年6月27日、ヴァーヴ / MGMよりリリースされた。ロック・ミュージックにおける最も初期のコンセプト・アルバムの1枚に数えられることが多いが、このアルバムの真のテーマは、アメリカのポップ・カルチャーに対するザッパの特異な見解にもとづいた皮肉である。また、このアルバムはロックの歴史上最も早い時期に制作された2枚組アルバムでもある。

アルバムをプロデュースしたのはトム・ウィルソンで、すでにボブ・ディランやサイモン&ガーファンクルなどを手がけていた(少しのちにヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「日曜の朝」をプロデュース)。マザーズはもともとソウル・ジャイアンツと名乗るバー・バンドであったが、ウィルソンが彼らとアルバム制作の契約を結んだのは、彼らのことをホワイトブルース(白人の演奏するブルースの総称)のバンドだと思い込んでいたためである。アルバムで主に演奏しているのは、ザッパの他にレイ・コリンズ(Vo.)、ロイ・エストラーダ(B.)、ジミー・カール・ブラック(Dr.)、エリオット・イングバー(G. 後年キャプテン・ビーフハートのマジック・バンドに参加した際にはウィングド・イール・フィンガーリングという芸名を名乗る)らである。

バンドの最初のレパートリーは全てカヴァー曲であった。ザッパがバンドに加わった際に、バンド名を変えただけでなく、広範なオリジナルの楽曲を含めてバンドの音楽性の幅を広げていったのである。『フリーク・アウト!』の音楽的な内容はR&Bやドゥーワップ、スタンダードなブルース系ロックからオーケストラ・アレンジ、前衛的なサウンド・コラージュにまで及ぶ。当初アメリカ本国では注目を引かず、むしろヨーロッパで成功を収めた。やがてアメリカでもカルト的な人気を呼び、1970年代の初めに早くも生産中止となるまでに少なからず売れつづけた。

このアルバムはビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にも影響を与えた。1999年のグラミー賞で殿堂入りし、2003年にはローリング・ストーン誌の500 Greatest Albums of All Timeの第243位にも選出された。2006年には、発売40周年を記念して本作の制作時の様子を伝えるオーディオ・ドキュメンタリー “The MOFO Project/Object” がリリースされた。
wikipedia抜粋

「Freak outソロ」「Freak outアングル」「Freak out特典映像」という言葉が話題です。

Freak outの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました