北海道西方沖の地震・震源地・気象庁発表が話題

北海道西方沖 話題



北海道西方沖とは

北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)は、日本標準時1993年(平成5年)7月12日午後10時17分12秒、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震である。マグニチュードは7.8(Mw7.7 – 7.8)、推定震度6(烈震)で、日本海側で発生した地震としては近代以降最大規模。震源に近い奥尻島を中心に、火災や津波で大きな被害を出し、死者202人、行方不明者28人を出した(このため、奥尻島地震とも呼ばれる)。さらに、ロシアでも行方不明者3人。奥尻島の震度が推定になっている理由は、当時の奥尻島に地震計が設置されていなかったためである。この地震の1年半ほど後の1995年1月17日に兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)が発生しており、そちらの方の被害規模が遙かに甚大であったためか、ほぼ同時期に発生した巨大地震でありながら、比較対象として取り上げられることは少ない。
wikipedia抜粋

「北海道西方沖地震」「北海道西方沖震源地」「北海道西方沖気象庁発表」という言葉が話題です。

北海道西方沖の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました