電力需給ひっ迫の効率・呼びかけ・原発が話題

電力需給ひっ迫 話題



電力需給ひっ迫とは

東日本大震災による電力危機(ひがしにほんだいしんさいによるでんりょくきき)では、2011年3月11日の東日本大震災以降、地震と津波で発電所などの電力設備が被害を受けたこと、また福島第一原子力発電所事故後に日本国内の原子力発電所が安全審査のため停止していることなどによって発生している、電力への影響を述べる。

震災直後の2011年3月は設備被害や原発事故に伴う電力供給低下により東京電力管内で輪番停電実施を伴う電力危機が発生、同年夏季には原発停止の影響が大きくなる中東北電力・東京電力・関西電力などの管内で、2011-2012年冬季には原発停止により関西電力・九州電力管内でそれぞれ節電を実施した。

2012年夏季以降も供給不足が懸念され節電が実施された一方、原発安全審査の妥当性、地元同意を主とした再開の是非、日本の原子力政策やエネルギー政策などが議論されている。
wikipedia抜粋

「電力需給ひっ迫効率」「電力需給ひっ迫呼びかけ」「電力需給ひっ迫原発」という言葉が話題です。

電力需給ひっ迫の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました