ラミレスの体育会・糸井嘉男・選手が話題

ラミレス 話題



ラミレスとは

アレキサンダー・ラモン・ラミレス・キニョーネス(Alexander Ramón Ramírez Quiñónez、1974年10月3日 – )は、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(外野手)。

ヤクルト時代は入団1年目の2001年にチームのリーグ優勝・日本一に貢献。以降も主力選手として活躍し、2003年には本塁打王・打点王・最多安打のタイトルを獲得。2007年には外国人選手・右打者としては史上初のシーズン200本安打を達成し2度目の最多安打を獲得した。

巨人時代は主力として2008年に打点王、2009年に首位打者を獲得するとともに2年連続でMVPを受賞し、2度のリーグ優勝、日本一(2009)に大きく貢献した。

DeNA時代は2013年に日本通算2000安打を達成し、外国人選手では史上初の名球会への入会を果たした。8年連続100打点超えの記録を持つ。

引退後、2016年シーズンから2020年シーズンまで横浜DeNAベイスターズ監督も務め(第30代)、就任時点で外国籍を有する監督としてはNPB史上9人目で、NPB史上初の米国籍以外の監督であった。2019年に日本に帰化した。
wikipedia抜粋

「ラミレス体育会」「ラミレス糸井嘉男」「ラミレス選手」という言葉が話題です。

ラミレスの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました