沿線火災の東急東横線・14分・14時が話題

沿線火災 話題



沿線火災とは

桜木町事故(さくらぎちょうじこ)とは、1951年(昭和26年)4月24日13時45分頃、神奈川県横浜市の日本国有鉄道(国鉄)東海道本線支線(京浜線。現在の京浜東北線及び根岸線の一部)の桜木町駅構内で発生した列車火災事故である。死者106人、負傷者92人に及ぶ被害を出した。

出火原因は電気工事作業員のミスにより垂れ下がっていた架線に列車が接触してショートしたことであるが、乗客は非常時にドアを自力で開けることができず、また隣の車両へ移ることも、窓から脱出することもできなかったために炎上する車両に閉じ込められたこと、また桜木町駅周辺は開かずの踏切の発生を恐れて高架線になっていたため、消火活動に難航したことが多数の被害者を出す要因になった。

犯罪的所業によるものではないが、桜木町事件と呼ばれることもある。この事故後、自動扉つきの客車内には乗降扉非常圧搾空気開放弁(非常ドアコック)の設置と表示が義務化され、緊急時にドアを乗客が手動で開けられるよう法令が改正された。
wikipedia抜粋

「沿線火災東急東横線」「沿線火災14分」「沿線火災14時」という言葉が話題です。

沿線火災の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました