国内FA権の7年契約・ヤクルト・超大型契約提示が話題



国内fa権 話題

国内FA権とは

フリーエージェント(free agent, FA)とは、NPBにおける国内FA及び海外FAの総称である。
国内FAとは、NPBが定める国内FA資格条件を満たし、この組織のいずれの球団とも選手契約を締結する権利を有する選手をいい、海外FAとは、NPBが定めるFA資格条件を満たし、外国のいかなるプロフェッショナル野球組織の球団をも含め、国内外のいずれの球団とも選手契約を締結する権利を有する選手をいう。

選手はFA宣言したうえで移籍せずに前所属球団と契約することもできる。栗山巧や山田哲人のように、残留宣言の際に敢えて権限を行使したケースもある。FA移籍が成立した場合、一定の条件下で移籍先球団から移籍元球団へ金銭補償や人的補償が必要になる場合がある。現行制度では、外国人を除く年俸上位11位以下の選手(Cランク)のFA移籍においては補償は不要である。

日本におけるFA制度は1993年のオフに導入され、2003年、2008年に改正が行われた。なお、この制度の前身として1947年から1975年まで10年選手制度があった。
wikipedia抜粋

「国内FA権7年契約」「国内FA権ヤクルト」「国内FA権超大型契約提示」という言葉が話題です。

国内FA権の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました