情報過多のアルバム・ツアー・パニックが話題



情報過多 話題

情報過多とは

情報オーバーロード(じょうほうオーバーロード、英: information overload)とは、情報過多によって必要な情報が埋もれてしまい、課題を理解したり意思決定したりすることが困難になる状態を指す。初出はバートラム・グロス(英語版)の1964年の著書である。アルビン・トフラーが1970年のベストセラー『未来の衝撃』で一般化させた概念。情報洪水、多すぎる情報などともいう。

情報オーバーロードは、システムへの入力情報の全量がシステムの処理能力を超えているときに起きる。意思決定者は有限の認知処理能力しか持てない。その結果、情報オーバーロードが起きると与えられた情報の全量が解釈できなくなり、状況のあまりの複雑度に思考が混乱し、意思決定の質の低下が発生すると考えられる。
wikipedia抜粋

「情報過多アルバム」「情報過多ツアー」「情報過多パニック」という言葉が話題です。

情報過多の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました