レムデシビルのコロナ・新型コロナウイルス・効果が話題



レムデシビル 話題

レムデシビルとは

レムデシビル(英: Remdesivir、中: 瑞德西韦、開発コードGS-5734、商品名:ベクルリー(Veklury、登録商標第5751226号ほか))は、新規ヌクレオチドアナログのプロドラッグで、抗ウイルス薬。ギリアド・サイエンシズが開発し、エボラ出血熱及びマールブルグウイルス感染症の治療薬として、後に、一本鎖RNAウイルス(RSウイルス、フニンウイルス、ラッサ熱ウイルス、ニパウイルス、ヘンドラウイルス、コロナウイルス(MERSおよびSARSウイルスを含む))に対して抗ウイルス活性を示すことが見出された。

追跡調査により、2019-nCoV(SARS-CoV-2)を含む複数のコロナウイルスおよびニパウイルスとヘンドラウイルス感染症での抗ウイルス活性が明らかとなった。GS-441524のモノホスホルアミデートプロドラッグ (monophosphoramidate prodrug)。

2020年5月1日、アメリカ合衆国でコンパッショネート使用を認めた新薬であり、日本では「特例承認制度」を用いて、2020年5月7日に正式に新型コロナウイルスへの治療薬として、世界で初めて承認された。
wikipedia抜粋

「レムデシビルコロナ」「レムデシビル新型コロナウイルス」「レムデシビル効果」という言葉が話題です。

レムデシビルの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました