荒磯親方の年間最多勝・大相撲・稀勢の里が話題



荒磯親方 話題

荒磯親方とは

稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年〈昭和61年〉7月3日 – )は、茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)に所属した元大相撲力士。第72代横綱(平成期に横綱昇進を果たした最後の横綱)。現在は年寄・荒磯。

本名は萩原 寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ、キセノン。身長188cm、体重178kg、足のサイズ32cm、血液型はB型。趣味はスポーツ観戦。好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥、フグ刺し、紀州南高梅、茶碗蒸し、からつバーガー、ホヤ。茨城県龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。

得意手は左四つ・寄り・突き・押し、左突き落とし。締め込みの色はナス紺。左利きであり、練習により両利きになったが今でもおもに左手を使う。いわゆる「花のロクイチ組」の1人。スポーツニッポン評論家(大相撲担当)。
wikipedia抜粋

「荒磯親方年間最多勝」「荒磯親方大相撲」「荒磯親方稀勢の里」という言葉が話題です。

荒磯親方の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました