ガラシャの歴史秘話ヒストリア・細川・辞世の句が話題



ガラシャ 話題

ガラシャとは

細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢)[注釈 / 明智 玉(子)(明智 珠(子))(ほそかわ ガラシャ / あけち たま(たまこ)、永禄6年(1563年)- 慶長5年7月17日(1600年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。明智光秀の三女で細川忠興の正室。諱は「たま」(玉/珠)または玉子(たまこ)。法名は秀林院(しゅうりんいん)。キリスト教徒(キリシタン)。

子に、於長(おちょう:前野景定正室)、忠隆、興秋、忠利、多羅(たら:稲葉一通室)などがいる。

明治期にキリスト教徒などが彼女の洗礼名をとって「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でもこのように呼ばれる場合が多い。
wikipedia抜粋

「ガラシャ歴史秘話ヒストリア」「ガラシャ細川」「ガラシャ辞世の句」という言葉が話題です。

ガラシャの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました