検討要請の首相・対象外・イートが話題



検討要請 話題

検討要請とは


この削除の方針(Deletion Policy)は、ページやファイルの削除に関する方針をまとめたものです。ここでは一般的な削除方針について説明しますので、リダイレクトの削除については「Wikipedia:リダイレクト削除の方針」および「Wikipedia:リダイレクトの削除依頼」、利用者ページの削除については「Wikipedia:利用者ページの削除依頼」の説明に従ってください。他に、削除すべきことが明らかなページやファイルを即時に削除するための「Wikipedia:即時削除の方針」と「Wikipedia:即時削除」があります。

ページを編集すれば、ある記述を最新版から除去することはできますが、その記述は誰でも閲覧可能な過去の版に保存されています。必要に応じて過去の版の内容に戻すこともできます。しかし、ページの削除を行うと、過去の版も含む全ての版そのものを削除することができます。場合によっては、特定の版だけ削除することもあります。

ページやファイルを削除する権限は、管理者と削除者のみに与えられています。

管理者・削除者が削除したページやファイルは、ある程度の期間、管理者・削除者のみが閲覧可能な状態に置かれ、ウィキペディアのデータベースからは完全に削除されません。管理者・削除者は、削除されたページの復帰も可能です(ファイルについては、2006年6月16日以降に削除されたファイルのみが復帰可能)。誤って削除されたページの復帰はWikipedia:削除の復帰依頼 で依頼できます。管理者や削除者は、削除されたページやファイルを復帰できるからといって、ページやファイルをみだりに削除してはいけません。削除があまり頻繁に行われると、現状がよく分からなくなってしまいます。ですから、慎重な判断が求められます。

管理者・削除者による最近の削除の実行状況は 特別:Log/delete(2004年12月23日までの記録はWikipedia:削除記録)で確認できます。
wikipedia抜粋

「検討要請首相」「検討要請対象外」「検討要請イート」という言葉が話題です。

検討要請の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました