リブニットの何が悪い・中島健人・トレンドが話題



リブニット 話題

リブニットとは

ラコステ(Lacoste)は、1933年に設立された、フランスのアパレルブランドである。創業者のルネ・ラコステはプロのテニス選手であり、1920年頃からポロ選手が使用されていたシャツ、いわゆる ポロシャツ(半袖の襟付きニットシャツ)をテニス業界に初めて持ち込んだ選手である。正面から見て右向きのワニの商標で知られる。

ルネラコステ死去後もフランスのラコステ一族が世界的に商標権を保持しドゥヴァンレイ(Devanlay)社を通じて被服に関わる製造・販売を全世界において行っていたが、2012年にラコステ一族内での後継争いが勃発し裁判に至った後、世界における製造販売権を所有していたドゥヴァンレイの親会社マウス・フレール(Maus Frères)が、ラコステの株式93.3%を取得した。フランスに6つの生産拠点を持ち海外ではモロッコ、ルーマニア、ペルーにある自社工場がある。日本では秋田県にある出資工場にて生産をしている。世界中に10,000人の従業員を抱え、主にアメリカとエジプトで栽培された綿花を使用している。

日本では、1987年に西武百貨店100%出資で設立した西武ファブリカが日本における「ラコステ」の製造権を保有。93年に販売権を持つ大沢商会70%、ドゥヴァンレイ20%の出資を受けたことを機にファブリカに社名変更。2002年に国内での販売権を取得し、ドゥヴァンレイの子会社として、ライセンス事業を展開してきた。03年には、西武百貨店の株式33.4%を丸紅に譲渡し、2015年よりラコステジャパンと改称して現在に至る。
wikipedia抜粋

「リブニット何が悪い」「リブニット中島健人」「リブニットトレンド」という言葉が話題です。

リブニットの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました