シロナガスクジラのシャチ・NHKスペシャル・番組が話題



シロナガスクジラ 話題

シロナガスクジラとは

シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)ナガスクジラ科ナガスクジラ属に分類される鯨類。

現存する最大の動物種である。個体では最大。群体の全長も動物の全長として認め、体長に限って言えばマヨイアイオイクラゲ、さらにカツオノエボシの方が長いとも言える。かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜や動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されている。長身であることを指して、江戸時代にはナガスクジラとともに「長須鯨」と呼ばれた。「白」を冠した現在の和名は、浮かび上がる際に水上からは白く見えることに由来する。
英語では一般にblue whaleと呼ぶが、腹側に付着した珪藻によって黄色味を帯びて見えることからsulphur bottom(「硫黄色の腹」)の異称もある[要出典。
wikipedia抜粋

「シロナガスクジラシャチ」「シロナガスクジラNHKスペシャル」「シロナガスクジラ番組」という言葉が話題です。

シロナガスクジラの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました