北方領土・竹島の尖閣諸島・日本・中国が話題



北方領土・竹島 話題

北方領土・竹島とは

竹島(たけしま)は、日本海の南西部に位置する島嶼群で、急峻な地形をなす2つの島と周辺の岩礁からなる。日本、韓国および北朝鮮がそれぞれ領有権を主張している[注 。1952年以降韓国が実効支配を継続している。「竹島」は日本における呼称で、韓国・北朝鮮では「独島(獨島、トクト、독도、Dokdo)」、第三国では中立的立場から「リアンクール岩礁 (Liancourt Rocks)」等と呼ばれている。

本来は人の住みにくい環境であることから無人島であった。最初に実効的支配をおこなった国は日本であった。1946年、連合国軍総司令部がSCAPIN(連合国最高司令官指令)第677号で竹島を日本の施政区域から除外したが、1951年9月に調印されたサンフランシスコ条約(発効は1952年4月)では、日本が放棄した地域として竹島は含まれていない。1948年8月13日に大韓民国独立宣言によりアメリカ軍政から独立した韓国は、1952年1月には李承晩ラインを設定して竹島を韓国側水域に含め、翌1953年4月より独島義勇守備隊と名乗る民兵組織を常駐させて実効支配をはじめた。日本はこれに対し「不法占拠」であるとして抗議を続けている。しかし韓国側は、「独島(竹島)は歴史的・地理的・国際法的に韓国の固有領土である」と主張し、「独島」に関して外国とのあいだに領土問題は存在しないという立場を採っている。
wikipedia抜粋

「北方領土・竹島尖閣諸島」「北方領土・竹島日本」「北方領土・竹島中国」という言葉が話題です。

北方領土・竹島の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました