常世ノ塔のアーリーアクセス・ゲーム・ボスが話題



常世ノ塔 話題

常世ノ塔とは

『ドルアーガの塔』(ドルアーガのとう、The Tower of Druaga)は、1984年7月に日本のナムコから稼働されたアーケードゲーム用アクションRPGおよびゲームの舞台となった塔の名前。『バビロニアン・キャッスル・サーガ』の第1作。略称は『TOD』。

バビリム王国の王子であるギルを操作し、悪魔ドルアーガを倒してブルークリスタルロッドの奪還および恋人のカイを救出する事を目的としたゲーム。アクションロールプレイングゲームの草分け的存在でもある。開発はナムコが行い、ゲーム・デザインは遠藤雅伸、音楽は小沢純子、キャラクター・デザインは篠崎雄一郎が担当している。

ファミリーコンピュータをはじめとしたゲーム機、MSXをはじめとする各種パソコン(Windowsを含む)や携帯電話など、また単体パッケージとして以外にもナムコのレトロアーケードゲームのカップリング作品『ナムコミュージアム』にも度々収録[注釈 されており、きわめて多数のプラットフォームに移植されている。

カバヤ食品の食玩「ゲーム伝説」には一部ステージがプレイできるWindows版CD-ROMが同梱されていた[注釈 。また、2003年12月5日にナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたニンテンドーゲームキューブ用のRPG『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』の予約特典として、ファミリーコンピュータ版が復刻されている。

後に続編となるアーケードゲーム『イシターの復活』(1986年)が稼働され、以後シリーズ化された。
wikipedia抜粋

「常世ノ塔アーリーアクセス」「常世ノ塔ゲーム」「常世ノ塔ボス」という言葉が話題です。

常世ノ塔の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました