ディープインパクトの映画・石田彰・テレビが話題



ディープインパクト 話題

ディープインパクトとは

ディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 – 2019年(令和元年)7月30日)は、日本のサラブレッドである。

2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調教馬としては初めて芝部門・長距離部門で世界ランキング1位となった。種牡馬としては2012年から2019年の日本のリーディングサイアーである。

また、2020年には産駒のコントレイルが日本競馬史上8頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は自身が2005年に達成して以来の3頭目)を達成し、世界初の父子2世代での無敗三冠[注 を達成した。

このほか2005年にJRA賞年度代表馬・最優秀3歳牡馬、2006年に年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬を受賞し、 2008年(平成20年)には顕彰馬に選出された。
wikipedia抜粋

「ディープインパクト映画」「ディープインパクト石田彰」「ディープインパクトテレビ」という言葉が話題です。

ディープインパクトの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました