コロナ怠慢罪の死刑・北朝鮮・最高が話題



コロナ怠慢罪 話題

コロナ怠慢罪とは

自粛警察(じしゅくけいさつ)とは、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条に基づく緊急事態宣言に伴う、行政による外出や営業などの自粛要請に応じない個人や商店に対して、偏った正義感や嫉妬心、不安感から、私的に取り締まりや攻撃を行う一般市民やその行為・風潮を指す俗語・インターネットスラングである。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による社会的風潮のひとつとして生じた。コロナ自警団(コロナじけいだん)、自粛自警団(じしゅくじけいだん)、又は自粛ポリス(じしゅくポリス)とも呼ばれる。

自粛はあくまで自らの意思で行うものであるにもかかわらず、他人を密告したり噂話を広めたりする行為が、国民精神総動員下における国民同士の相互監視社会や、第二次世界大戦時の日本におけるスローガンの『欲しがりません勝つまでは』を連想させる内容を連想させるとして、TwitterなどのSNS上で、「まるで戦時中の隣組のようだ」囁かれ話題になった。2020年7月時点では、マスク警察(マスクけいさつ)や正義中毒(せいぎちゅうどく)、正義厨(せいぎちゅう)と呼ばれるものも出現している。
wikipedia抜粋

「コロナ怠慢罪死刑」「コロナ怠慢罪北朝鮮」「コロナ怠慢罪最高」という言葉が話題です。

コロナ怠慢罪の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました