紫綬褒章の高橋留美子・先生・中井貴一が話題



紫綬褒章 話題

紫綬褒章とは

褒章(ほうしょう)は、日本の栄典の一つ。社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰するため、天皇から対象者に授与される。

顕彰の対象となる事績により、紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類が定められている。授与の対象者は、日本国籍を持つ個人のみならず、外国人および法人を含む。

英訳名は、褒章全体が”Medals of Honour”であり、各章はそれぞれ、”Medal with Red Ribbon”、”Medal with Green Ribbon”、”Medal with Yellow Ribbon”、”Medal with Purple Ribbon”、”Medal with Blue Ribbon”、”Medal with Dark Blue Ribbon”とされている。

日本国政府による英訳では、勲章は”order”であり、褒章は記章(記念章および従軍記章)と同様に”medal”とされている。欧米で日本の勲章、褒章および記章に相当するものには、英語で”order”、”decoration”、”Cross”、”medal”と名付けられたものがある。

しかし、日本と欧米ではこれら「勲章等」(勲章等着用規程(昭和39年4月28日総理府告示第16号)第1条)の分け方が異なっており、日本には無い“Cross”の扱いは.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:”ruby”1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}区々(まちまち)であり[注釈 、“medal”と称されるものの一部は記章ではなく勲章とされることもある。一方、日本の法令上は、他国の褒章に相当するものは記章として扱われる(勲章等着用規程(昭和39年4月28日総理府告示第16号)第11条第1項4号)。
wikipedia抜粋

「紫綬褒章高橋留美子」「紫綬褒章先生」「紫綬褒章中井貴一」という言葉が話題です。

紫綬褒章の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました