次期戦闘機の三菱重工業・防衛省・着実が話題



次期戦闘機 話題

次期戦闘機とは

次期戦闘機(じきせんとうき)は、2035年に退役開始が見込まれる航空自衛隊が保有・運用するF-2戦闘機の後継機として、2018年(平成30年)に策定された31中期防で国内主導開発が決定し、2020年(令和2年)に三菱重工が開発主体に選定されたステルス戦闘機。

2020年度(令和2年度)防衛予算で初めて開発予算が計上された経緯に伴い、2019年(令和元年)12月に公表された「我が国の防衛と予算 令和2年度予算の概要(案)」からは、それまでの「将来戦闘機」に代わり次期戦闘機の名で呼称されている。
wikipedia抜粋

「次期戦闘機三菱重工業」「次期戦闘機防衛省」「次期戦闘機着実」という言葉が話題です。

次期戦闘機の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました