ピンバッジの煉獄杏寿郎・善逸・治郎が話題



ピンバッジ 話題

ピンバッジとは

ピンズ(英: lapel pin)とは、金属プレート裏面に針を垂直に立てたバッジの一種。ピンバッジとも呼ばれる。針を衣服等の布地に貫通させて、バタフライクラッチ(Butterfly clutch)と呼ばれる留め具で固定する。記念品、ノベルティ、お土産、アウェアネス・リボンとして作られ、或はサークルや個人で制作する例も見られる。略綬や資格・身分証明などとして使われることもある。

製造方法は、本七宝+スタンププレス、擬似七宝+スタンププレス、ソフトエナメル+スタンププレス、ソフトエナメル+エッチング、レーザープリント、オフセットプリント等がある。金属製のものは大きく作ると重みが出てしまい、衣服等の布地を歪ませてしまう為、厚みは薄く、小さいサイズで製造される。

世界中にコレクターがいる。ウィキメディアが運営するWIKIPEDIA STOREでも、オリジナルピンズを通信販売している。
wikipedia抜粋

「ピンバッジ煉獄杏寿郎」「ピンバッジ善逸」「ピンバッジ治郎」という言葉が話題です。

ピンバッジの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました