蟋蟀在戸の寒露・辺り・五ツが話題



蟋蟀在戸 話題

蟋蟀在戸とは

七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。

各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「雉入大水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。

古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、七十二候の名称は何度か変更されている。 日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって日本の気候風土に合うように改訂され、「本朝七十二候」が作成された。現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に掲載された七十二候が主に使われている。俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
wikipedia抜粋

「蟋蟀在戸寒露」「蟋蟀在戸辺り」「蟋蟀在戸五ツ」という言葉が話題です。

蟋蟀在戸の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました