児童3人の上履きの教師・小学校教諭・疑いが話題



児童3人の上履き 話題

児童3人の上履きとは

上履き(うわばき)とは、土足禁止の場所で、履き替えるための履物。学校・事務所・体育館などは土足を禁じているため、専用の上履きを用いる。上靴(うわぐつ)、室内履きともいう。

上履きを採用すること、または室内では靴を履かないことを「二足制」という。

上履きの文化があるのは日本だけで、したがって学校の上履きも日本独特の文化である。歴史的には、10世紀ころの絵巻に、寺の縁側に草履が描かれている。農家の板の間でも履き物を履いていた(2008年3月31日朝日新聞「学校に上履き 何で?」)。
佐藤秀夫「教育の歴史」(放送大学教育振興会)によれば、明治時代に出来た小学校の7割は寺や民家の転用で、1890年代に、畳敷きから板張りや立ち机に変わったが、外履きを脱ぐ習慣は残り、1920年代ころまで、官庁、劇場、百貨店などでも上履きに履き替えた。

上履きの色は赤,青,黒,緑,白,などがある
wikipedia抜粋

「児童3人の上履き教師」「児童3人の上履き小学校教諭」「児童3人の上履き疑い」という言葉が話題です。

児童3人の上履きの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました