回想シーンのカネ・三浦春馬・最後が話題


回想シーン 話題


回想シーンとは

フラッシュバック(flashback)またはアナレプシス(analepsis)は、物語の中に過去の出来事のシーンを挿入すること。文学では後説法、映画では回想シーンと呼ばれる(本項もそれに従う)。進行中のストーリーの背景を補完するために使われることが多い。その反対に未来の出来事を語るのがフラッシュフォワード。ともにストーリーに筋を通し、キャラクターを掘り下げ、物語構造に変化をもたらす。文学では、物語の初めの方に戻る内的後説法(internal analepsis)と、物語の始まる前の過去を語る外的後説法(external analepsis)の2つがある。

映画においては、ミステリ映画の「謎解き」などで登場人物の過去の行動を見せるのに使われる。また、フィルム・ノワールやメロドラマにおいてもよく用いられる。それがフラッシュバックあるいはフラッシュフォワードであることを観客・視聴者にわからせるために、写真の隅をぼかしたり、セピアトーンなど色を変えたり、カラー映画の場合はモノクロにしたり、登場人物の顔からフェードイン・フェードアウトしたりする。ナレーションが加えられる場合もある。
wikipedia抜粋

「回想シーンカネ」「回想シーン三浦春馬」「回想シーン最後」という言葉が話題です。

回想シーンの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました