いのちの停車場の伊勢谷友介・映画・作品が話題


いのちの停車場 話題


いのちの停車場とは

『いのちの停車場』(いのちのていしゃじょう)は、南杏子による長編小説。幻冬舎からの書き下ろしで2020年5月27日に刊行された。東京での救急医を辞め郷里の金沢で訪問診療医に転身した62歳の女性医師が直面する在宅医療の現場を通じ、老老介護や終末期医療、積極的安楽死などの問題を描く。現代日本の医療制度の問題点やタブーに向き合い、医師や患者および患者の家族の姿を描く。

吉永小百合主演で映画化され、2021年に公開予定。
wikipedia抜粋

「いのちの停車場伊勢谷友介」「いのちの停車場映画」「いのちの停車場作品」という言葉が話題です。

いのちの停車場の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました