室伏広治のスポーツ庁・長官・陸上が話題


室伏広治 話題


室伏広治とは

室伏 広治(むろふし こうじ、1974年〈昭和49年〉10月8日 – )は静岡県沼津市出身の日本の男子ハンマー投選手、スポーツ科学者(中京大学博士)。東京医科歯科大学教授。学位は博士(体育学)。専門は陸上競技(ハンマー投)、スポーツ科学、スポーツパフォーマンス・システム研究。特にアスリートのパフォーマンス向上に関する研究。血液型A型。

フルネームは室伏アレクサンダー広治(Koji Alexander Murofushi)。2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会スポーツディレクター・理事。スポーツ庁 オリンピック・パラリンピック教育に関する有識者会議委員。

主な実績に2001年・世界陸上エドモントン大会銀メダル受賞、2004年・アテネオリンピック金メダル受賞、2011年・世界陸上大邱大会金メダル受賞、2012年・ロンドンオリンピック銅メダル受賞。2004年のアテネ五輪金メダルを評価され、紫綬褒章を授与されている。

2016年6月、競技引退の意向を表明。
wikipedia抜粋

「室伏広治スポーツ庁」「室伏広治長官」「室伏広治陸上」という言葉が話題です。

室伏広治の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました