出産費用の不妊治療・ゼロ・保険適用が話題

出産費用 話題



出産費用とは

出産育児一時金(しゅっさんいくじいちじきん)とは、健康保険法等を根拠に、日本の公的医療保険(健康保険、共済組合、船員保険、国民健康保険等)の被保険者が出産したときに支給される手当金(金銭給付)である。1994年(平成6年)の健康保険法等の改正により、それまでの「分娩費」と「育児手当金」とを統合する形で新たに設けられた。

健康保険法において「出産」とは妊娠4月(85日)以上の分娩をいい、それが正常分娩であると死産、早産、流産、人工妊娠中絶であることを問わない(昭和27年6月16日保文発2427号)。しかしながら、日本の保険医療では正常分娩における医師の手当は療養の給付等の対象外となっている(昭和17年2月27日社発206号)。そのため、出産自体の費用や、出産前後の健診費用等の経済的負担の軽減を図る目的で支給されている。なお、「出産手当金(しゅっさんてあてきん)」とは別のものである。以下では健康保険における出産育児一時金について記すが、他の公的医療保険においても内容はほぼ同一である。
wikipedia抜粋

「出産費用不妊治療」「出産費用ゼロ」「出産費用保険適用」という言葉が話題です。

出産費用の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました