暴風警報の台風9号・沖縄本島・学校が話題



暴風警報 話題

暴風警報とは

気象警報(きしょうけいほう)とは、気象災害、水害、地盤災害、地震、噴火などの重大な災害が起こるおそれがある場合に、気象庁が警告のために発表する情報。単に警報とも言う。災害の危険性が著しく大きいときには、警報より更に上位の特別警報が発表される。類似のものとして注意喚起のために発表される注意報があり、警報は注意報の上位に位置づけられるが、注意報はあっても警報は存在しない災害もある。

2019年5月に運用が開始された防災気象情報の警戒レベルでは、大雨警報および洪水警報は警戒レベル3相当(避難準備・高齢者等は速やかに避難)、高潮警報は警戒レベル4相当(速やかに全員避難)となっている。

日本における国の気象業務としては、毎日の天気予報の開始(1884年(明治17年)6月1日)よりも1年ほど早い1883年(明治16年)5月26日に初めて全国暴風警報が発表されて以来、太平洋戦争の開戦直前から敗戦直後までの約4年間を除き、国の責務として実施されている。
wikipedia抜粋

「暴風警報台風9号」「暴風警報沖縄本島」「暴風警報学校」という言葉が話題です。

暴風警報の口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました